Skip to main content

同じ早漏治療でもクリニックで異なる料金

クリニックで早漏治療をする方法と料金の違いとは

“包茎などが原因で早漏治療にお悩みの男性であれば、専門のクリニックで受診して治療を受けることが可能です。
早漏治療を受ける場合は健康保険が適応されないので全額自費負担となりますが、この場合はクリニックごとに独自に料金が設定されます。
そのため、全く同じ治療内容であったとしても料金に大きな差が生じることがあります。

早漏治療の主な処置方法は薬物治療で、診察後に飲み薬または塗り薬などが処方されます。
処方される薬剤の種類はクリニックごとに異なりますが、長期間にわたり治療を続ける場合は料金の大半が薬代が占めるようになります。
一般的に早漏治療薬には多くの種類がありますが、診察を行う医師が決めます。
早漏治療薬の多くは海外製で、発売されて間もない新薬からジェネリック(後発)医薬品までさまざまです。

早漏治療の薬代はクリニックごとに違いがあり、1回あたりの料金の差は気にならない金額であったとしても長い目で見れば大きな差が生じることがあります。
このため、早漏治療を始める際は最初に安くてお得なクリニックを選ぶようにしましょう。

早漏治療の費用を安く抑えるためのクリニック選びのポイント

“健康保険が適応されない早漏治療の料金はクリニックごとに違うので、同じ治療を受けるのであれば安いほうがお得です。
これから早漏治療を受けることをお考えの方は、複数のクリニックで料金を比較した上で受診することが大切です。

平均的な相場よりも安い料金で早漏治療ができるお得なクリニックを探すひとつの方法は、処方されるお薬の種類を比較することです。
安い料金で早漏治療ができるクリニックであれば、先発医薬品と比較して配合されている有効成分の種類や量が全く同じで値段が安いジェネリック医薬品を処方してもらえるケースがあります。
ジェネリック医薬品は販売価格に特許料が転嫁されていないので、先発医薬品と同じ効果なのに薬代が安い問うメリットがあります。
都市部であれば複数のクリニックが競合していることがあり、薬代や診察代が低く抑えられているケースが少なくありません。
自宅や職場の近所に早漏治療を行っているクリニックがない場合は、ネット上の比較サイトを活用することで安いクリニックを見つけることができるでしょう。

まとめ

早漏治療は自費診療なので医療機関が独自に料金を設定しているので、クリニックごとに料金に大きな違いがあります。
同じ治療内容であれば1円でも安いほうがお得なので、受診をお考えの方は事前に複数のクリニックで料金を比較するようにしましょう。
早漏治療は基本的に投薬治療となるので、安い薬を処方してもらえるクリニックのほうがお得です。
クリニックで処方箋を出してもらった後に薬局を利用して薬を購入するような場合であれば、薬剤師にお願いしてジェネリック医薬品を購入する方法もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。