Skip to main content

早漏治療に必要な料金の一般的な相場

早漏治療の料金相場を知りたい

“早漏治療をする場合には、専門のクリニックに行くと良いでしょう。
早漏治療専門のクリニックに行く場合には、どれぐらいの料金になるか気になるところです。
実は早漏治療といえども1種類の施術方法だけではありません。
そのため、施術内容によって料金相場等も変わってくるところです。
一般的に薬で治療する場合には、1回あたり10,000円程度になります。
この場合、1回だけ通って良くなる場合もあるが、しばらく通わなければいけないこともあるため、10,000円だけで完全に治るとは限りません。

一方で、薬を注入する場合は60,000円前後になります。
注射を使うため、おおむね1回の治療で済ませることもできますが、場合によっては2回治療することもあり2倍位の料金になることもあります。

メスを入れる場合、やはり60,000円位の治療費になるでしょう。
早漏治療は保険治療と異なり、そこまでメスを入れる場所は多くありません。
結果的に料金も安くなるわけです。

早漏治療に保険が適用されるのか

“早漏治療のクリニックに通う場合、保険の利用ができないのではないかと期待する人もいるかもしれません。
確かに、包茎の場合には、保険治療で保険が適用されるパターンもあります。
例えばカントン包茎などが保険が適用される例の1つです。
これに対して早漏治療は、基本的に保険が適用される事はないといえます。

その理由は、病気とは異なるケースだからです。
カントン包茎などの場合には、早めに治療をしないと陰茎に血液が通わなくなってしまい本来の機能が失われてしまう可能性があるでしょう。
そのため、保険を利用して治療することが多くなるわけです。
しかし、早漏治療はあくまで性行為をするときにすぐに精液が出ないようにする治療になります。
これをしなければ、身体に悪影響を及ぼすわけではありません。
そもそも、保険を使うと言う事は国民の税金が使われることを意味しています。
早めに治療をしなければ問題が生じる場合は保険が適用されても仕方がありませんが、そうでない場合は国民の税金を使うべきではありません。

まとめ

早漏治療の料金相場を見ていくと、薬だけを適用する場合は10,000円未満で済ませることができます。
また、注射をする場合は5万円程度の費用がかかると言って良いでしょう。
メスを入れる場合は、50,000円から100,000円程度の料金になります。
包茎治療に比べるとメスを入れる場合でも料金がかかりにくいのは、手術の難易度があまり高くないからです。
これらの治療に保険が適用されるか問題になりますが、結論から言えば保険が適用される事はあまりありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。